読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小岩さんの日常

アラサーOLの地味だけど大切な毎日。

DAZNのCMに感じる息苦しさ

テレビ

NTTドコモのCMで

DAZN for docomo だぞ〜ん篇」というのがある。

こちら。


DAZN for docomo「だぞ~ん」篇

 

上司(堤真一)がダジャレを連発し、

女性部下(高畑充希)が爆笑する。

そんな、なんて事ないCMだが、

私はこれを見るたびに息苦しさを感じる。

それは

「上司のつまらない冗談にも、女性部下は愛想よくリアクションをとらなければいけない」

と押し付けられている気がするからだ。

もちろん、この状況で女性部下も男性部下(綾野剛)と同様にノーリアクションだったら、

上司はいい気分ではないだろう。

上司の気分を損ねないためにも、リアクションをとるのが正解だと思う。

が、

どうして、女性部下だけなのか?

男性部下もリアクションとったほうがよいのではないか?

と思ってしまう。

 

そう思ってしまうのも、

私がそういう愛想よい対応ができないのが原因なのだ。

まぁ、つまりは被害妄想、なのだ。